Top >  アメリカンジョーク初級 >  スカイダイバー





スカイダイバー

Bill, an experienced sky diver, was getting ready for a jump one day when he spotted another man outfitted to dive wearing dark glasses, carrying a white can and holding a seeing-eye dog by a leash. Shocked that the blind man was also going to jump, Bill struck up a conversation, expressing his admiration for the man's courage. Then, curious, he asked, "How do you know when the ground is getting close?"

"Easy," replied the blind man. "The leash goes slack."

経験豊富なスカイダイバーのビルは、ある日ジャンプの準備をしていたが、一人の男が黒いサングラスをして白い缶を持ち、盲導犬をリーシュに繋いで連れているのに気がついた。
その盲人もまたジャンプしようとしているのに驚いて、ビルはなんて勇気があるのかと思って会話を始めた。
好奇心からビルは「どうやって地面が近いことを知るんですか?」とたずねると、その盲人は「簡単さ、盲導犬のリーシュが引っ張られるんだよ」と応えた。

◇盲導犬も飛ぶんでスカイ><

 <  前の記事 酔っ払いの電話  |  トップページ  |  次の記事 グリルとウインナー  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴