Top >  アメリカンジョーク中級 >  エンパイアステートビルからのジャンプ





エンパイアステートビルからのジャンプ

ニューヨークのエンパイアステートビル、夜景が素敵ですよね。
キングコングが登ったビルでしたっけ?
あんなとこから飛び降りたら、、、想像するだけで恐怖です><

Two men are sitting drinking at a bar at the top of the Empire State Building when the first man turns to the other and says, "You know, last week I discovered that if you jump from the top of this building, by the time you fall to the 10th floor, the winds around the building are so
intense that they carry you around the building and back into the window."

2人の男がエンパイアステートビルのてっぺんにあるバーに座って酒を飲んでいた。一人がもう一人に「ねえ、先週思いついたんだけど、もし君がこのビルのてっぺんから飛びおりたとすると10階に到達する頃にはビルの周りの風が相当強くなっているから窓のところまで戻されるんじゃないかって」

The bartender just shakes his head in disapproval while wiping the bar.

バーテンはバーを拭きながら首を横に振った。

The second guy says, "What are you a nut? There is no way in hell that could happen."

もう一人の男は「あんたは気違いかい?そんなこと起きるわけないじゃないか」

"No, it's true," said the first man, let me prove it to you." He gets up from the bar, jumps over the balcony, and plummets to the street below. When he passes the 10th floor, the high wind whips him around the building and back into the 10th floor window and he takes the elevator back up to the bar.

「いいや、本当さ。証明させてくれよ」と最初の男は言い、立ち上がってバルコニーから下の道に飛び降りた。10階を通過する頃、強いビル風が吹いて10階の窓に戻されたので、エレベーターでバーに戻った。

He met the second man, who looked quite astonished. "You know, I saw that with my own eyes, but that must have been a one time fluke."

彼はかなり驚いた表情のもう一人の男に会った。「自分の目で見たよ、でもそれは1度だけの奇跡に違いないよ」

"No, I'll prove it again," says the first man as he jumps. Again just as he is hurling toward the street, the 10th floor wind gently carries him around the building and into the window.

「いいや、また証明してみせるよ」男はそういってまた飛んだ。また道に落っこちていく途中で10階の風で窓に舞い戻った。

Once upstairs he urges his fellow drinker to try it. "Well, what the hell," the second guy says, "it works, I'll try it!" He jumps over the balcony plunges downward, passes the 11th, 10th, 9th, 8th floors ...and hits the sidewalk with a 'splat.'

上階にまた戻ると飲み友達にやらせようとした。もう一人の男は「ああ、くそ、なんだかわからんが、やってみよう」
バルコニーから飛び降りた。ぐんぐん落っこちて11階、10階、9階、8階と通り過ぎて、、、歩道にぐしゃっと激突した。

Back upstairs the Bartender turns to the other drinker, saying "You know, Superman, you're a real asshole when you're drunk."

上階ではバーテンが男に向かって言った。
「なあ、スーパーマン、あんたは酔っ払うとほんとにくそったれ野郎だな」


◆酔ったスーパーマンとバーで一緒になりたくないですね^^;;それにしても汚い言葉使いでごめんなさい!

 <  前の記事 留守番電話の応え方いろいろ  |  トップページ  |  次の記事 酔っ払いの電話  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴