Top >  アメリカンジョーク中級 >  アメリカンジョーク<ブロンドと図書館・臨死体験?>





アメリカンジョーク<ブロンドと図書館・臨死体験?>

ブロンドジョーク2つです!

まずは1つめ。

A blonde walks into the library. She walks up to the counter, SLAMS a book down and screams at the librarian, - "This is the WORST book I've ever read!" "It has NO plot and far too many characters!"

一人のブロンドが図書館に来た。彼女はカウンターに歩いて行ってどさっと本を置いて図書館員に叫んだ。「これは今まで読んだ本で最悪だったわ」「段落はないわ、登場人物はとんでもなく多いし!」

The librarian looks up and calmly remarks - "So, you're the one who took our phone book..."

図書館員は冷静に言った「それじゃあなたがわれわれの電話帳を持っていった人ですね。。。」


2つめはこれです。

A blonde named Anna had a near death experience. The other day when she went horseback riding. Everything was going fine until the horse started bouncing out of control. She tried with all her might to hang on, but was thrown off.

アンナというブロンドは臨死体験をしました。ある日彼女は乗馬に出かけました。馬がコントロールできないほど暴れだすまではすべてがうまくいていました。彼女は全力でしがみつきましたがだめでした。

Just when things could not possibly get worse, her foot got caught in the stirrup. When this happened, she fell head first to the ground. Her head continued to bounce harder as the horse did not stop or even slow down.

丁度ものごとがこれ以上悪くなりようがないとき、悪いことに彼女の足があぶみにひっかかりました。
このままでは彼女は頭から落馬してしまう。馬が止まりもせず、速度も落とさなかったので、彼女の頭はいっそう強く揺れました。

Just as she was giving up hope and losing consciousness, the Wal-Mart manager happened to walk by and unplug it.

彼女が望みをあきらめて気を失いそうになったちょうどそのとき、ウオルマートのマネージャーが通りかかって電源を抜きました。

 <  前の記事 アメリカンジョーク  |  トップページ  |  次の記事 アメリカンジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴