Top >  アメリカンジョーク上級 >  ブロンド美人のヘッドフォンの秘密





ブロンド美人のヘッドフォンの秘密

ブロンドの美女のヘッドフォンには何の秘密が?

Once upon a time, a blonde went to get her hair cut, but she was wearing headphones.

The stylist said,”You gotta take off your headphones,or I can’t cut your hair.”

The blonde said,”No!I can’t!I’ll just die without them!”

So the stylist just sighed and trimmed the ends of her hair until the blonde fell asleep. The stylist said to herself,”I’ll just take these off to cut her hair.Sho won’t notice.”So the stylist did just that.

After about three minutes, the blonde fell out of the chair, dead.

The stylist said,”I wonder what could have possibly killed her? May be it had something to do with the headphones after all.”

She took the blonde’s headphones and put them on her own head, just to see what was playing.

On the headphones, a voice repeated,”Breathe in, breathe out.”

◇アメリカンジョークの和訳◇

あるときブロンド女性がヘアカットに行きましたが、ヘッドフォンをつけていたので、
美容師は「ヘッドフォンを取らなくては髪の毛を切れませんよ」と言いました。

ブロンド女性は「だめ!できないわ!それがなくちゃ死んじゃうの!」と言いました。
美容師はため息をついて毛先を揃えていたらブロンド女性は眠ってしまいました。

美容師は「髪の毛を切るためにヘッドフォンを外してしまおう。きっと気がつかないでしょう」と独り言を言いながらヘッドフォンを外してみた。

3分後にブロンド女性は椅子から転げ落ちて死んでしまった。

美容師は「一体何が殺したっていうのだろう?何かヘッドフォンに関係しているのかもしれない」

彼女はブロンド女性のヘッドフォンを手に取り、何が再生されているか知りたくて自分に付けてみた。

ヘッドフォンは「息を吸って、息を吐いて」と繰り返していた。


◇いくらなんでもブロンド美女もそこまで能無しではないと思う。。。思いたい^^;

 <  前の記事 ブロンド美人の悲哀  |  トップページ  |  次の記事 ブロンド娘のジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴