Top >  アメリカンジョーク上級 >  絶対見ないで





絶対見ないで

A man and a woman were married for forty years. When they got married, the man said, "I am putting a box under the bed. You must promise never to look in it." In all their forty years of marriage, the woman never looked. However, on the afternoon of their fortieth anniversary, curiosity got the best of her; she lifted the lid and peeked inside. In the box were three empty beer bottles and about 300 iin small bills. She closed the box and put it back under the bed. Now that she knew what was in the box, she was doubly curious why. That evening they were out for a special dinner at their favorite restraunt. After dinner the woman could no longercontain her curiosity, and she confessed, saying, "I am so sorry. For all these years I kept my promise and never looked. However, today the temptation was too much, and I gave in. But now I need to know, why do you keep the bottles in the box?" The man thought for a while and said, "I guess after all these wonderful years, you deserve to know the truth. Whenever I was unfaithful to you, I put an empty beer bottle in the box under the bed to remind myself not to do it again." The woman was shocked, but said, "I am very disappointed and saddened, but I guess after all those years away from home on the road, temptation does happen, and I on the road, temptation does happen, and I guess that three times is not so bad considering the the number of years." They hugged and made their peace. A little while later the woman asked the man, little while later the woman asked the man, "Why do while later the woman asked the man, "Why do you have all that money in the box?" To which the man answered, "Whenever the box filled with empty, I cashed them in." ◆アメリカンジョークの和訳◆ 男と女が結婚して40年が経った。最初に結婚した時に男は「ベッドの下に箱を置くよ。中を決して見ないと約束しなくちゃいけないよ」と言った。女は40年の結婚生活の間一度も見なかった。 ところが40年目の結婚記念日にとうとう女は好奇心に負けて蓋を開けて中を覗き見た。 箱の中にはビールの空き瓶が3つと300ドルが入っていた。女は箱を閉めてベッドの下に戻した。 女は箱の中身を知ったが、好奇心はますます倍増した。 その晩彼らはお気に入りのレストランに結婚記念日の特別なディナーのデートに出かけた。ディナーの後、女はもう好奇心を押さえきれなくなって告白した。 「ごめんなさい。ずっと約束を守って見なかったけれど、今日とうとう誘惑に負けちゃったのよ。でもどうしてあの箱にビールの空き瓶なんか入れておいたの?」 男はほんのしばらく考えてから言った。「この素晴らしい年月を過ごした後だから、おまえは本当のことを知ってもいいと思うよ。いつだって俺が浮気をした時には、もう2度としないようにと自分に思い出させるためにビールの空き瓶をベッド下の箱に入れておいたのさ」 女はショックを受けたが「すごくがっかりして悲しいけど、ずっと長いこと家から遠く離れていたんだから好奇心も起きることもあるでしょうよ。この年月にしては3回っていうのはそんなに悪いとは思わないわ」と言った。 彼らは抱き合って仲直りした。 しばらくしたあとで女は男に尋ねた。 「どうしてお金を箱の中に入れてたの?」 男はこう答えた。 「箱が空き瓶で満杯になる度に現金と引き換えていたのさ。」 ◆一言◆ 最後のオチが効いてますーー|||

 <  前の記事 パブの男たちの会話  |  トップページ  |  次の記事 理想の男性  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴