Top >  アメリカンジョーク上級 >  アメリカンジョーク<酔っ払った夫を救った妻>





アメリカンジョーク<酔っ払った夫を救った妻>

持つべきものは強い妻!かもしれませんね。
欧米の女性は強いから。。。ジョークに思えない^^;


After the annual office Christmas party blow-out, John woke up with a pounding headache, cotton-mouthed, and utterly unable to recall the events of the preceding evening.

会社の年中行事のクリスマスパーティどんちゃんさわぎの後、ジョンはずきずきする酷い頭痛と口のかわきで目覚め、前日何が起こったかまったく覚えていなかった。

After a trip to the bathroom he was able to make his way downstairs, where his wife put some coffee in front of him.

ジョンはバスルームに行ったあとようやく妻がコーヒーを入れてくれていた1階に下りていくことができた。


"Louise," he moaned, "tell me what went on last night. Was it as bad as I think?"

「ルイーズ、昨夜はどんなだったか話してくれないか?わたしが思うほど悪かったのだろうか」彼は唸った。

"Even worse," she assured him in her most scornful one. "You made a complete ass of yourself, succeeded in antagonizing the entire board of directors, and insulted the chairman of the company to his face."

「もっと悪いわ。あなたは完璧に理事会の反感は買うし、社長を目の前で侮辱したの」彼女は請合った。

"He's an arrogant, self-important prick, piss on him!"

「奴は威張り腐った自尊心の塊だよ。小便かけてやれ!」

"You did. All over his suit, " Louise informed him. "And he fired you."

「あなたは彼のスーツ中にそうしたのよ。そして彼はあなたを首にした」ルイーズは言った。

"Well, screw him," said John.

「そうか、やっつけてやれ」ジョンは言った。

"I did. You're back at work on Monday."

私がしたわ。あなたは月曜日に仕事に戻るのよ」


 <  前の記事 アメリカンジョーク  |  トップページ  |  次の記事 アメリカンジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴