Top >  アメリカンジョーク上級 >  ブロンド美人の悲哀





ブロンド美人の悲哀

ブロンド美人て低脳でしょうもないとしょっちゅうジョークにされて笑われているんです^^;
なぜでしょうね?

A blonde, brunette, and a redhead escaped from prison.
They were running along when they came upon a dock..
On the dock were three gunnysacks. They could hear that they get in tha sack.So they got in the sacks right before the cops arrived.

A cop kicked the sack with the redhead in it,and she said,”Ruff ruff ruff!”
He said,”Oh,it’s only a dog.”

He kiched the one with the brunette in it, and she said,”Meow meow meow.”

He said,”Oh,it’s only a cat.”

Then he kicked the one with the blonde in it, and she said,”Potatoes potatoes potatoes!”

◇アメリカンジョークの和訳◇

ブロンド、黒髪、赤毛の女3人が刑務所を脱獄。
3人は走って逃げて船着場に着いた。
船着場には3つのじゃがいも袋があった。3人は警官たちが追ってくる足音が聞こえたので、黒髪の女がその袋にもぐりこもうと提案した。
そして警官が到着する直前に袋にもぐりこんだ。

警官が赤毛の女が入った袋を蹴っ飛ばすと、赤毛は「わん わん わん!」と言った。
「なんだ、ただの犬か」警官が言った。

警官が黒髪の女が入った袋を蹴っ飛ばすと、黒髪は「にゃお にゃお にゃお」と言った。
「なんだただの猫か」警官が言った。

警官がブロンド女の入った袋を蹴っ飛ばすとブロンドは言った。
「じゃがいも じゃがいも じゃがいも!」

◇ブロンド娘って^^;
 かわいいだけのブロンドばかりじゃない。。。(はず)なのにね~
 いくらじゃがいもを入れる袋だからってそれはないでしょう(笑)
 ほんとにしょうもないけどカワイイ。

    

 <  前の記事 天国と地獄  |  トップページ  |  次の記事 ブロンド美人のヘッドフォンの秘密  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴