Top >  アメリカンジョーク上級 >  弁護士の心臓パート2





弁護士の心臓パート2

弁護士の心臓のジョークなのに、肝心の弁護士がまだ出てこないじゃん~
もうちょっと先になります^^;
医者と金持ち老人の心臓ドナーを巡る会話の英文と和訳文を読んで見て下さいね~!

"Wll,"the doctor began,"the first one belomged to a twenty-two-year-old marathon runnner who never smoked, ate only the healthiest foods, and was in peak condition when he was hit by a bus.
No damage to the heart, of course. But it costs a hundred thousand dollars!"

The old man waved off the last part about the cost and asked the doctor to tell him about the second donor.

◇アメリカンジョークの和訳◇

医者は「最初の心臓の持ち主は健康的な食べ物しか食べずに喫煙もしなかった23歳のマラソン選手ので、バスにぶつかった時は1番最高のコンディションだったよ。もちろん心臓にダメージは全くない。だけど10万ドルもするんだ!」

老人は最後の価格の点で却下して、医者に次のドナーはどんなか話すように頼んだ。

to be continued!
次に続く!
次回で完結します!

◇あれれ老人はとんでもなくお金持ちじゃなかったのですか~^^;
  ドナー全員のことを聞きたいのですね。

 <  前の記事 弁護士の心臓 パート1  |  トップページ  |  次の記事 弁護士の心臓パート3  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴